眺捨(読み)ながめすつ

精選版 日本国語大辞典の解説

ながめ‐す・つ【眺捨】

〘他タ下二〙 眺めたままで心にとめないでおく。見たままにしておく。
※続古今(1265)秋上・三五八「秋よただ詠すてても出なましこの里のみの夕とおもはば〈藤原定家〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android