短角牛(読み)タンカクギュウ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

短角牛

藩政時代から飼育されていた南部牛と、明治時代以降に輸入されたショートホーン種を交配し、品種改良した肉専用種。肉質は、黒毛和種と比べて脂肪分が少なく、アミノ酸たんぱく質が豊富。首都圏を中心に、健康志向の高まりから、需要が増えている。

(2011-02-23 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

短角牛の関連情報