石出吉胤(読み)いしで よしたね

朝日日本歴史人物事典の解説

石出吉胤

没年:元和4(1618)
生年:天文1(1532)
江戸時代初期の名主。通称掃部亮。千葉氏の一族で,文禄年間(1592~96)武蔵国足立郡(東京都足立区)本木村で土地を開き,慶長3(1598)年にはその名が宿名となった掃部宿を開発。その子孫が同宿の名主を代々務めた。<参考文献>『新編武蔵風土記稿』(雄山閣本7巻)

(黒須茂)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android