いし

精選版 日本国語大辞典の解説

いし

〘代名〙 (「にし(主)」の変化した語) 対称。おまえ。きさま。〔物類称呼(1775)〕
※洒落本・真女意題(1781)「いしもととろなしイ語りやれ」

い‐し

(「い」「し」とも副助詞) 体言または用言の連体形に付いて、強調を示す。
※続日本紀‐天平勝宝元年(749)四月一日・宣命「伊自(イシ)天皇が朝に仕へ奉りははに仕へ奉るにはあるべし〈略〉故(かれ)是を以て子は祖(おや)の心なす伊自(イシ)子にはあるべし」
※万葉(8C後)四・五三七「言(こと)清くいたくもな言ひ一日だに君伊之(イシ)無くはあへかたきかも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報