コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石出掃部亮(読み)いしで かもんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石出掃部亮 いしで-かもんのすけ

1532-1618 戦国-江戸時代前期の地域開発者。
天文(てんぶん)元年生まれ。文禄(ぶんろく)3年代官頭の伊奈忠次のもとで隅田(すみだ)川に最初に架橋(現在の千住(せんじゅ)大橋の始め)。慶長3年武蔵(むさし)足立(あだち)郡千住町にうつり,宿場(掃部宿)をひらく。元和(げんな)3年荒川に堤防(掃部堤)をきずき,掃部新田を開発。元和4年死去。87歳。下総(しもうさ)石出(千葉県)出身。名は吉胤(よしたね)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android