石川県輪島市(読み)わじま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕輪島〈市〉(わじま〈し〉)


石川県北部、能登(のと)半島北端に位置する市。
能登外浦(そとうら)の中心都市。沖合に浮かぶ舳倉島(へぐらじま)、七ツ島も市域に含む。2006年(平成18)2月、旧・輪島市と鳳至(ふげし)郡の門前町が合併して現在の姿となる。穴水町、能登町にまたがり能登空港がある。国の伝統的工芸品である輪島塗の特産地として有名。輪島港は漁業基地で水産加工業も盛ん。電機工場も進出。猿山(さるやま)岬・皆月(みなづき)海岸・西保(にしほ)海岸・曽々木(そそぎ)海岸や、白米(しろよね)千枚田(国指定名勝)などは能登半島国定公園に属する景勝地。国指定重要文化財の下時国(しもときくに)家住宅などがある。市街地の朝市は観光客に人気。門前地区は中世より曹洞宗大本山總持(そうじ)寺の門前町として栄えた。明治期に火災により寺の伽藍の大部分を消失した後、本山は横浜市鶴見区に移り、現在は祖院となっている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石川県輪島市の関連情報