コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂かぶり すなかぶり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砂かぶり
すなかぶり

相撲の土俵に最も近い土俵下 (たまり席) をいう。取組中砂をかぶることがあるためにこのように呼ぶ。東西南北で約 500人程度座れる。この席は長年日本相撲協会を後援するたまり会 (溜会) の会員によって組織される。そのため,この席の相撲通のことも「砂かぶり」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

砂かぶりの関連キーワード新広島市民球場かぶりつき

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砂かぶりの関連情報