東西南北(読み)とうざいなんぼく

日本大百科全書(ニッポニカ)「東西南北」の解説

東西南北
とうざいなんぼく

与謝野鉄幹(よさのてっかん)の第一詩歌集。1896年(明治29)7月、明治書院刊。四六判半切の小型本。詩53編、短歌二百数十首収録。2年前に唱えた歌論「亡国の音(おん)」での丈夫(ますらお)の歌の主張を実践した形で、虎(とら)や太刀(たち)を詠み、日清(にっしん)戦争前後の時局相を壮士風の身ぶりで歌った。「語粗意浅」「軽浮」などとも評されたが、漢詩調を交えた雄壮な作風は世に迎えられ、翌年刊の『天地玄黄(てんちげんこう)』とともに新派歌集の先駆をなした。

[新間進一]

『『明治文学全集51 与謝野鉄幹・与謝野晶子集』(1968・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「東西南北」の解説

とうざい‐なんぼく【東西南北】

〘名〙
① 東と西と南と北の方角。また、四方八方。あちらこちら。諸方。
※菅家文草(900頃)三・舟行五事「海中不繋舟、東西南北流」
※千曲川のスケッチ(1912)〈島崎藤村〉五「東西南北の四つの城門から」
② (━する) 住所が一定しないで、あちらこちらをさまよい歩くこと。四方にさすらうこと。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「久しく東西南北(トウサイナンボク)すといへども、いまだ明主に(あは)ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「東西南北」の解説

とうざい‐なんぼく【東西南北】

東と西と南と北。四方。また、あちらこちら。諸方。「東西南北から人が集まる」
[補説]書名別項。→東西南北

とうざいなんぼく【東西南北】[書名]

与謝野鉄幹の第1詩歌集。明治29年(1896)刊行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android