コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂質 さしつarenaceous, psammitic

岩石学辞典の解説

砂質

砂質.2mm以下で0.0625mm以上の大きさの粒子からなる堆積岩に用いる.固結しているか否かは問わない[Lyell : 1835, Krumbein & Sloss : 1951].一般に砂質の堆積岩起源あるいは酸性火成岩起源の岩石はSiO2に富み,FeO, MgOに乏しい.このため変成作用を受けても鉱物組成の変化は少なく,石英が主体の変成岩となる.ラテン語のarenaは砂の意味.アレニリティック(arenilitic)[Kirwan : 1799],プサモジェネアス(psammogenous)[Renevier : 1882].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

砂質の関連キーワードブラストザミティック組織クイックサンドフェノプラストマイカルサイトナタージャックフェノクラストクレー・ゴールファラサン諸島地下水ポドゾル粘土フィヨルドタービダイトトゥラン低地砂質岩凝灰岩鳥巣式石灰岩準泥質変成岩羽状角閃岩トリゴニアタール砂漠サルデーム石英長石質

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砂質の関連情報