磯廻(読み)イソミ

デジタル大辞泉の解説

いそ‐み【××廻】

《「み」は動詞「み(廻)る」の名詞化で、曲がりめぐること、また、そのような地形をいう》
磯に沿ってめぐること。
「大舟に真梶しじ貫(ぬ)き大君の命(みこと)かしこみ―するかも」〈・三六八〉
湾曲している磯。
「馬並(な)めていざ打ち行かな渋谿(しぶたに)の清き―に寄する波見に」〈・三九五四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android