社会百面相(読み)シャカイヒャクメンソウ

デジタル大辞泉 「社会百面相」の意味・読み・例文・類語

しゃかいひゃくめんそう〔シヤクワイヒヤクメンサウ〕【社会百面相】

内田魯庵の短編小説集。明治35年(1902)刊行学生官吏貴婦人作家など、さまざまな社会階層の人々の姿を風刺的に描いた作品群。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android