作家(読み)サッカ

デジタル大辞泉の解説

さっ‐か〔サク‐〕【作家】

芸術作品の制作をする人。また、それを職業とする人。特に、小説家。「作家志望」
[補説]書名別項。→作家

さっか【作家】[書名]

文芸同人誌。小谷剛により昭和23年(1948)創刊。平成3年(1991)廃刊。その後、有志により創刊された「季刊作家」が同誌を継承。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さっか【作家】

詩や文章を書くことを職業とする人。特に、小説家。 「放送-」 「流行-」
美術・工芸など、個人の表現としての芸術作品の制作者。 「映像-」 「陶芸-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さっ‐か サク‥【作家】

〘名〙
① 詩歌、小説、絵画などの芸術作品の制作者。特に小説家。
※作家評家(1896)〈正岡子規〉「作家たらざれば評家たる能はずと言ひしこと」 〔余冬序録‐四四〕
② 財産をたくわえて立派に一家を興すこと。
※俚言集覧(増補)(1899)「作家 よく家を起す義なり。ほめたる義也」 〔晉書‐食貨志〕
[語誌]明治期の英和辞書類で Writer, Author, Artist の項をみると、「作者」はあっても「作家」はない。日本では、①の意を表わす語として上代以来「作者」が用いられてきたが、江戸期には「作者」といえば往々にして芝居狂言の作者をさすようになっていった。それから区別するため、明治期に新しい用語として「作家」が選ばれ、文芸評論の隆盛に従って、特に小説家を意味することが多くなったと思われる。

さっ‐け サク‥【作家】

〘名〙
① 詩文に巧みな人。
※日本詩史(1771)三「見架上有芝軒吟稿、迺知碩夫之遺稿。携帰逆旅、読之一宵、始歎其作家
② 禅宗で、頭がよくりこうな僧、すぐれた力量のある僧の称。
正法眼蔵(1231‐53)光明「光明を学得せる作家、まれなるものなり」 〔従容録‐一・第九則〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の作家の言及

【日本文学】より

…明治以後日本の大学の〈国文学科〉が西洋から輸入して採用したのが,大筋において,この狭い定義であった。たとえば芭蕉,近松,西鶴は日本語で書いたからというだけではなく,それぞれ詩,戯曲,小説を書いたから,重要な作家とされたのである。 第3の定義は,文章により,文章のみによる。…

※「作家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

作家の関連情報