コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祓つ物 ハラエツモノ

デジタル大辞泉の解説

はらえ‐つ‐もの〔はらへ‐〕【×祓つ物】

祓のとき、けがれや罪をはらうために供えるもの。罪過のつぐないに出すもの。
「国造等(くにのみやつこたち)、各―奴婢一口(やっこひとり)を出して解除(はらへ)す」〈天武紀・下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はらえつもの【祓つ物】

罪やけがれをあがなうために祓の料として出す品物。 「罪を素戔嗚尊に科おおせて、其の-を責はたる/日本書紀 神代上訓注

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone