コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡市動物園 フクオカシドウブツエン

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

福岡市動物園

1953(昭和28)年、市民の要望で開園。建設費3千万円のうち2800万円は市民や財界からの寄付だった。開園時は69種143点だったが、現在は126種556点の動物が飼育されている。いま改修中で9月に「アジア熱帯の渓谷エリア」が完成する。アフリカや日本のエリアも整備し、入り口近くにカフェテリアを設ける計画もある。入園料は大人400円、高校生200円。中学生以下は無料。今月は土曜日に午後9時までの「夜の動物園」も開かれている。

(2013-08-23 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

福岡市動物園

福岡県福岡市中央区にある動物園。1933年8月オープン。福岡県福岡市中央区南公園内にある。約140種の動物を飼育・展示する。植物園を併設。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福岡市動物園の関連情報