コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡市動物園 フクオカシドウブツエン

3件 の用語解説(福岡市動物園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふくおかし‐どうぶつえん〔フクをかシドウブツヱン〕【福岡市動物園】

福岡市中央区にある動物園。昭和28年(1953)開園。植物園を併設する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

福岡市動物園

1953(昭和28)年、市民の要望で開園。建設費3千万円のうち2800万円は市民や財界からの寄付だった。開園時は69種143点だったが、現在は126種556点の動物が飼育されている。いま改修中で9月に「アジア熱帯の渓谷エリア」が完成する。アフリカや日本のエリアも整備し、入り口近くにカフェテリアを設ける計画もある。入園料は大人400円、高校生200円。中学生以下は無料。今月は土曜日に午後9時までの「夜の動物園」も開かれている。

(2013-08-23 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

福岡市動物園

福岡県福岡市中央区にある動物園。1933年8月オープン福岡県福岡市中央区南公園内にある。約140種の動物を飼育・展示する。植物園を併設。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福岡市動物園の関連キーワード要望受皿市民派事件・市民の判決定期便一元化要望等記録票名古屋市営地下鉄の終電延長林了《市民の科学》《市民の抵抗》

福岡市動物園の関連情報