コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡市動物園 フクオカシドウブツエン

3件 の用語解説(福岡市動物園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふくおかし‐どうぶつえん〔フクをかシドウブツヱン〕【福岡市動物園】

福岡市中央区にある動物園。昭和28年(1953)開園。植物園を併設する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

福岡市動物園

1953(昭和28)年、市民の要望で開園。建設費3千万円のうち2800万円は市民や財界からの寄付だった。開園時は69種143点だったが、現在は126種556点の動物が飼育されている。いま改修中で9月に「アジア熱帯の渓谷エリア」が完成する。アフリカや日本のエリアも整備し、入り口近くにカフェテリアを設ける計画もある。入園料は大人400円、高校生200円。中学生以下は無料。今月は土曜日に午後9時までの「夜の動物園」も開かれている。

(2013-08-23 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

福岡市動物園

福岡県福岡市中央区にある動物園。1933年8月オープン福岡県福岡市中央区南公園内にある。約140種の動物を飼育・展示する。植物園を併設。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福岡市動物園の関連情報