福島県郡山市(読み)こおりやま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕郡山〈市〉(こおりやま〈し〉)


福島県中部、阿武隈(あぶくま)川中流域の郡山盆地中部に位置する市。
鉄道・自動車道など幹線交通路が集中する交通の要衝。1997年(平成9)4月より中核市。江戸時代は奥州街道の宿場町。明治初期に安積疏水(あさかそすい)が開削され、開墾が進展。疏水を利用した電力を背景に紡績・化学工場も順次進出。1887年(明治20)東北本線の郡山駅が開業し、県中部の商工業都市・交通要地として発展した。在来工業に加え、第二次世界大戦後は電機・食品・化学などの大工場の進出が相次ぎ、内陸工業地帯を形成。1964年(昭和39)常磐郡山新産業都市区域に指定された。交通至便のため商業も盛んで、流通施設の進出が顕著。磐梯熱海温泉は東北地方有数の大温泉郷で、猪苗代湖、磐梯高原、安達太良山(あだたらやま)への玄関口。市街西方の開成山公園は桜の名所。複合ビルのビッグアイに郡山市ふれあい科学館がある。ビッグパレットふくしまでは見本市やコンサートなどが開催される。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福島県郡山市の関連情報