コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田復 ふくだ ふく

2件 の用語解説(福田復の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田復 ふくだ-ふく

福田金塘(ふくだ-きんとう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

福田復

没年:安政5.7.9(1858.8.17)
生年:文化3(1806)
幕末の和算家。大坂の人。通称を直七郎,のちに嘉当,美濃正,徳本も名乗り,号を金塘,貫通斎とした。東京神田に順天求合社を開いた福田理軒は弟。商農は我が志に非ずと道を求め浪速に出る。初め坂正永,武田真元に師事,のちに小出兼政につき暦学と和田寧の円理豁術を学ぶ。武田の推挙により土御門家直門に列せられ,司天台師範代を務める。『算法雑解』(1843),『算学速成』(1836)などを著す。著述の多くは初等的啓蒙書ではあるが,これにより商都大坂での算学普及に貢献した。<参考文献>日本学士院編『明治前日本数学史』5巻

(小林龍彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福田復の関連キーワード和算家井関知辰内田秀富梅村玄甫榎並和澄宅間能清永井徳資逸見満清松村忠英山田正重

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone