コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田金塘 ふくだ きんとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田金塘 ふくだ-きんとう

1806-1858 江戸時代後期の暦算家。
文化3年生まれ。福田理軒の兄。大坂の人。坂正永(まさのぶ),武田真元(しんげん)らにまなぶ。のち武田の推薦で土御門(つちみかど)家の直門となり,また幕府の司天台師範代をつとめた。安政5年7月9日死去。53歳。名は復。字(あざな)は徳本。通称は真七郎,嘉当。別号に貫通斎。著作に「算法諸角術」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

福田金塘の関連キーワードケクレビュルゲルナポリ王国小林良典アフリカ探検日本の医学史(年表)安政の大獄フランツ大陸封鎖フランツ[2世]