コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秘境駅 ひきょうえき

1件 の用語解説(秘境駅の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

秘境駅

人里から離れた場所に所在する鉄道駅のことを、「秘境の駅」とみなし鉄道ファンが名づけた呼称。鉄道フリーライター・所澤秀樹の著書『列島周遊 もっとへんな駅!?』(山海堂、1998年刊)や鉄道ファン・牛山隆信などにより広められた名称と考えられている。秘境駅はその定義からして基本的に人里から離れたところにあり、利用客がほとんどいないため、駅やその路線が廃止されることも多い。しかし2000年以降のブーム拡大により鉄道ファンで混雑する駅もあり、また鉄道各社も秘境駅を巡る臨時列車を運行するようにもなっている。代表的な秘境駅として、小幌(北海道室蘭本線)、小和田(静岡県、飯田線)、尾盛(静岡県、大井川鐵道)、田本(長野県、飯田線)などがある。

(2012-09-24)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秘境駅の関連情報