炭坑(読み)タンコウ

デジタル大辞泉プラスの解説

炭坑

1931年製作のドイツ映画。原題《Kameradschaft》。第一次世界大戦後の独仏国境地帯を舞台にした炭鉱事故の救出ドラマ。監督:G・W・パプスト監督。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たん‐こう ‥カウ【炭坑】

〘名〙
① 石炭を掘り出す坑。石炭坑。
※火の山(1655)〈井上友一郎〉一「まさかタヌキの穴みたいに、ちっぽけな炭坑など存在しないが」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉八「先年炭坑々夫虐待問題の起った時」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炭坑の関連情報