コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秘密機関

1件 の用語解説(秘密機関の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

秘密機関

英国の作家アガサ・クリスティミステリー(1922)。原題《The Secret Adversary》。幼なじみのトミーとタペンスが、行方不明となった英国の極秘文書をめぐる事件に巻き込まれてしまう。『秘密組織』『冒険家クラブ』などの邦題もある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秘密機関の関連キーワード動く指死が最後にやってくる死人の鏡杉の柩ゼロ時間へねじれた家ビッグ4複数の時計ポアロのクリスマス魔術の殺人

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秘密機関の関連情報