コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秘密機関

デジタル大辞泉プラスの解説

秘密機関

英国の作家アガサ・クリスティのミステリー(1922)。原題《The Secret Adversary》。幼なじみのトミーとタペンスが、行方不明となった英国の極秘文書をめぐる事件に巻き込まれてしまう。『秘密組織』『冒険家クラブ』などの邦題もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

秘密機関の関連キーワードトミーとタペンス 2人で探偵をブラック・チェンバー情報機関

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秘密機関の関連情報