事件(読み)ジケン

デジタル大辞泉の解説

じ‐けん【事件】

世間が話題にするような出来事。問題となる出来事。「奇妙な事件が起こる」
事柄。特に、法令上で扱われる事柄。「頭書の事件
訴訟事件」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

事件

1978年公開の日本映画。監督:野村芳太郎、原作:大岡昇平、脚本:新藤兼人、撮影:川又昂、美術:森田郷平。出演:永島敏行松坂慶子大竹しのぶ佐分利信芦田伸介丹波哲郎渡瀬恒彦ほか。第2回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀主演女優賞(大竹しのぶ)、最優秀助演男優賞(渡瀬恒彦)受賞。第33回毎日映画コンクール日本映画大賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、美術賞ほか受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

じけん【事件】

争い・犯罪・騒ぎ・事故など、人々の関心をひく出来事。 「 -が起こる」
「訴訟事件」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

事件
じけん

大岡昇平の裁判小説。1961年(昭和36)から62年にかけて『若草物語』という題名で新聞に連載され、加筆訂正のうえ77年に新潮社から刊行。補筆はその後の文庫版、全集版でも続けられている。被告は恋人の姉を殺した容疑で起訴された19歳の少年で、殺意の有無が検察と弁護側の争点となる。殺人が傷害致死もしくは過失致死になれば大幅に量刑が軽くなるからである。公判の進行につれて意外な事実が暴露され、スリルとサスペンスが効果的に盛り上がる。しかも公判手続と尋問の克明な描写に重厚な現実感がある。日本の推理小説界では空白に近い法廷小説の欠を埋める力作として評価され、78年に日本推理作家協会賞を受賞した。[厚木 淳]
『『事件』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐けん【事件】

〘名〙
事柄。事項。
※慶応再版英和対訳辞書(1867)「Business 事務、事、職業、事件」
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「書中各国の条に掲載せる四目は唯其一国に限る所の事件とす」 〔福恵全書‐任部・謹僉押〕
② 意外なできごと。話題、問題となるようなできごと。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉一一「彌次郎北八の二人りの者が馬車より落し事件(ジケン)によりて」
③ (「訴訟事件」の略) 訴訟または審判手続の対象となっている事柄。
※刑事訴訟法(明治二三年)(1890)二一二条「予審判事又は上級裁判所より事件を移す裁判ありたるとき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

事件の関連情報