コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂俵 ホダワラ

デジタル大辞泉の解説

ほ‐だわら〔‐だはら〕【穂俵】

馬尾藻(ほんだわら)」に同じ。 新年》「―を捜す鼠も嘉例(かれい)かな/石鼎」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほだわら【穂俵】

ホンダワラの別名。
ホンダワラを刈り取って干し、米俵の形にしたもの。蓬萊ほうらい飾りに用いる。 [季] 新年。 「 - ・数の子を売る海人/浮世草子・織留 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

穂俵の関連キーワード蓬莱(神仙思想)ホンダワラほんだわらナノリソ浮世草子