コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穆山瑾英

美術人名辞典の解説

穆山瑾英

曹洞宗の僧。陸奥生。姓は笹本、のち西有と改める。別号可翁・無為庵・有安老人。9才で長竜寺金竜につき出家。以後仙台松音寺悦音・江戸吉称寺旃檀寮・浅草本然寺泰禅等に嗣法。のち横浜に西有寺を開き、明治34年能登総持寺に晋住した。著書多数。明治43年(1910)寂、90才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

穆山瑾英
ぼくさんきんえい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

穆山瑾英の関連キーワード総持寺(横浜市)曹洞宗

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android