コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穆山瑾英

美術人名辞典の解説

穆山瑾英

曹洞宗の僧。陸奥生。姓は笹本、のち西有と改める。別号可翁・無為庵・有安老人。9才で長竜寺金竜につき出家。以後仙台松音寺悦音・江戸吉称寺旃檀寮・浅草本然寺泰禅等に嗣法。のち横浜に西有寺を開き、明治34年能登総持寺に晋住した。著書多数。明治43年(1910)寂、90才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

穆山瑾英
ぼくさんきんえい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

穆山瑾英の関連キーワード総持寺(横浜市)曹洞宗

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android