西有穆山(読み)にしありぼくさん

日本大百科全書(ニッポニカ)「西有穆山」の解説

西有穆山
にしありぼくさん
(1821―1910)

江戸末期~明治期の曹洞(そうとう)宗の。諱(いみな)は瑾英(きんえい)。穆山瑾英と称する。勅賜号は直心浄国禅師(じきしんじょうこくぜんじ)。陸奥(むつ)(青森県)八戸(はちのへ)の人。長竜寺の金竜(きんりゅう)について得度し、江戸・吉祥寺(きちじょうじ)の学寮で修学、浅草本然寺(ほんねんじ)の安窓泰禅(あんそうたいぜん)に法を嗣(つ)いだ。相模(さがみ)(神奈川県)海蔵寺(かいぞうじ)の月潭全竜(げったんぜんりゅう)(?―1865)の下で参禅修行し、『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』の参究に努めた。陸奥の法光寺、札幌の中央寺(ちゅうおうじ)、遠江(とおとうみ)(静岡県)の可睡斎(かすいさい)などに歴住し、横浜に西有寺(さいゆうじ)を開創。1901年(明治34)能登(のと)(石川県)の総持寺独住3世の貫首(かんしゅ)となり、明治43年12月4日、90歳で入寂。著書に『直心浄国禅師語録』4冊、『正法眼蔵啓迪(けいてき)』3冊がある。

[櫻井秀雄 2017年9月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「西有穆山」の解説

西有穆山 にしあり-ぼくざん

1821-1910 江戸後期-明治時代の僧。
文政4年10月23日生まれ。曹洞(そうとう)宗。江戸本然寺の安窓泰禅(あんそう-たいぜん)の法をつぎ,ついで相模(さがみ)(神奈川県)海蔵寺の月潭全竜(げったん-ぜんりゅう)に師事。また北海道で布教つくし,明治33年横浜に西有寺をひらき,34年総持寺貫主,翌年曹洞宗管長となった。明治43年12月4日死去。90歳。陸奥(むつ)八戸(はちのへ)(青森県)出身。俗姓は笹本。法名は瑾英(きんえい)。別号に可翁,無為庵など。著作に「正法眼蔵啓迪(しょうぼうげんぞうけいてき)」など。
格言など】おんにこにこ腹立つまいぞやそわか(ある老婆にあたえた真言陀羅尼(だらに))

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android