コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西有穆山 にしあり ぼくざん

3件 の用語解説(西有穆山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

西有穆山

曹洞宗の僧。陸奥生。姓は笹本、のち西有と改める。号は瑾英、別号は可翁・無為庵・有安老人。9才で長龍寺金龍につき出家。以後仙台松音寺悦音・江戸吉称旃檀寮・浅草本然寺泰禅等に嗣法。のち横浜に西有寺を開き、明治34年能登総持寺に晋住した。著書多数。明治43年(1910)寂、90才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西有穆山 にしあり-ぼくざん

1821-1910 江戸後期-明治時代の僧。
文政4年10月23日生まれ。曹洞(そうとう)宗。江戸本然寺の安窓泰禅(あんそう-たいぜん)の法をつぎ,ついで相模(さがみ)(神奈川県)海蔵寺の月潭全竜(げったん-ぜんりゅう)に師事。また北海道で布教につくし,明治33年横浜に西有寺をひらき,34年総持寺貫主,翌年曹洞宗管長となった。明治43年12月4日死去。90歳。陸奥(むつ)八戸(はちのへ)(青森県)出身。俗姓は笹本。法名は瑾英(きんえい)。別号に可翁,無為庵など。著作に「正法眼蔵啓迪(しょうぼうげんぞうけいてき)」など。
【格言など】おんにこにこ腹立つまいぞやそわか(ある老婆にあたえた真言陀羅尼(だらに))

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西有穆山
にしありぼくさん
(1821―1910)

江戸末期~明治期の曹洞(そうとう)宗の僧。諱(いみな)は瑾英(きんえい)。穆山瑾英と称する。勅賜号は直心浄国禅師(じきしんじょうこくぜんじ)。陸奥(むつ)(青森県)八戸(はちのへ)の人。長竜寺の金竜(きんりゅう)について得度し、江戸・吉祥寺(きちじょうじ)の学寮で修学、浅草本然寺(ほんねんじ)の安窓泰禅(あんそうたいぜん)に法を嗣(つ)いだ。相模(さがみ)(神奈川県)海蔵寺(かいぞうじ)の月潭全竜(げったんぜんりゅう)の下で参禅修行し、『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』の参究に努めた。陸奥の法光寺、札幌の中央寺(ちゅうおうじ)、遠江(とおとうみ)(静岡県)の可睡斎(かすいさい)などに歴住し、横浜に西有寺(さいゆうじ)を開創。1901年(明治34)能登(のと)(石川県)の総持寺独住3世の貫首(かんしゅ)となり、明治43年12月4日、90歳で入寂。著書に『直心浄国禅師語録』4冊、『正法眼蔵啓迪(けいてき)』3冊がある。[櫻井秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西有穆山の関連キーワード家永熊吉梅津只円国包(13代)清水楽山昇斎一景椎陰関直吉中村理禎北斗庵一樹(2代)堀井胤吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone