コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空間周波数 くうかんしゅうはすう

デジタル大辞泉の解説

くうかん‐しゅうはすう〔‐シウハスウ〕【空間周波数】

縞模様のような空間的な周期的構造における、単位長さ当たりに含まれる構造の繰り返し数。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の空間周波数の言及

【OTF】より

…OTFはいわば新しい解像力表示方法で,電気回路の周波数応答に相当するものである。周波数は,電気回路では1秒当りの振動周期の数(Hz)で表されるが,画像を対象とする光学系では1mm当りの周期の数(本/mm,lines/mm)で表し,空間周波数と呼ぶ。明暗が正弦波状のチャートの光学系によって作られる像は,一般に元のチャートより明暗の対比,すなわちコントラストが低下し,また場合によっては像の横ずれが生ずる。…

※「空間周波数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

空間周波数の関連キーワード化学物質過敏症の診断基準環境ホルモンと健康障害シェルツァーの伝達関数レスポンス関数ディザリングMTF曲線光情報処理縞模様MTFOTF

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空間周波数の関連情報