コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空間周波数(読み)くうかんしゅうはすう

デジタル大辞泉の解説

くうかん‐しゅうはすう〔‐シウハスウ〕【空間周波数】

縞模様のような空間的な周期的構造における、単位長さ当たりに含まれる構造の繰り返し数。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の空間周波数の言及

【OTF】より

…OTFはいわば新しい解像力表示方法で,電気回路の周波数応答に相当するものである。周波数は,電気回路では1秒当りの振動周期の数(Hz)で表されるが,画像を対象とする光学系では1mm当りの周期の数(本/mm,lines/mm)で表し,空間周波数と呼ぶ。明暗が正弦波状のチャートの光学系によって作られる像は,一般に元のチャートより明暗の対比,すなわちコントラストが低下し,また場合によっては像の横ずれが生ずる。…

※「空間周波数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android