窪添 慶吉(読み)クボゾエ ケイキチ

20世紀日本人名事典の解説

窪添 慶吉
クボゾエ ケイキチ

明治・大正期の水産功労者 ブリ大敷網導入者。



生年
安政6年8月22日(1859年)

没年
大正12(1923)年8月10日

出生地
土佐国高岡郡上ノ加江村(高知県中土佐町)

経歴
明治28年上ノ加江村長に就任。宮崎県のブリ大敷網に着目し、31年加江崎沖に網を敷設し大漁獲をみる。のち事業を拡大させ、高知県を日本有数のブリ漁場に発展させる基礎を築いた。35年退任後は大敷網の研究に専念し、38年京都府の伊根村漁業組合に請われて共同経営を行うなど、地方のブリ大敷網の漁業発展にも寄与した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android