コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜室道淵 りゅうしつ どうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竜室道淵 りゅうしつ-どうえん

?-? 室町時代の僧。
遣明(けんみん)正使。永享5年(1433)明(中国)にわたり,6年使者雷春をともない兵庫にかえる。翌年山名時煕(ときひろ)に輸出用の硫黄(いおう)をあたえていたことが露見し流罪となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android