笑茸(読み)わらいたけ

精選版 日本国語大辞典の解説

わらい‐たけ わらひ‥【笑茸】

〘名〙 (「わらいだけ」とも) 担子菌類ヒトヨタケ科の毒キノコ。夏から秋にかけ、朽ちたわらや堆肥(たいひ)の上などに生じる。高さ約一〇センチメートル。傘は直径二~三センチメートルの半球形、表面は赤褐色でひだは成熟すると黒色。食べると神経系統が異常に刺激され、狂ったように笑い出すという。わらいきのこ。《季・秋》
※随筆・耳嚢(1784‐1814)三「楓より出る茸は俗に笑ひ茸といへるもの也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

笑茸 (ワライタケ・ワライキノコ)

学名:Panaeolus papilionaceus
植物。ヒトヨタケ科の有毒キノコ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

デジタル大辞泉の解説

わらい‐たけ〔わらひ‐〕【笑×茸】

ヒトヨタケ科のキノコ。有毒で、食べると興奮状態になり、笑い踊るという。馬糞(ばふん)や堆肥(たいひ)などに生え、高さ約10センチ。傘は灰色か灰褐色の平たい釣鐘状で、柄は白い。 秋》「ここ越えし翁のこゑの―/澄雄」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android