コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑豊 チクホウ

大辞林 第三版の解説

ちくほう【筑豊】

筑前と豊前ぶぜん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の筑豊の言及

【福岡[県]】より

…内海の豊前・有明両海区は沿岸漁業のみであるが,有明海では1950年代中ごろから発達したノリ養殖が盛んで,佐賀,兵庫,愛知の各県と並んで全国でも上位の生産をあげている。
[石炭産業の興亡]
 筑豊炭田を中心とする県内の諸炭田には,かつては約300の炭鉱(1950)が操業し,常傭のみでも20万人をこす労働者(1947)が働き,1940年には県の出炭量は2556万tのピークを記録した。明治後期には全国出炭量の2/3を,その後も昭和初期まで5割強を占め,1959年北海道に抜かれるまで日本一を誇り,石炭は県産業の主柱であった。…

※「筑豊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

筑豊の関連キーワード平成筑豊鉄道糸田線平成筑豊鉄道伊田線平成筑豊鉄道田川線福岡県飯塚市南尾へいちく浪漫号ちくまるキップ高野江基太郎桂川[町]糸田[町]穂波[町]稲築[町]上野 英信穂波〈町〉直方[市]中間[市]小竹[町]大任[町]頴田[町]日田彦山線川崎[町]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筑豊の関連情報