筑前(読み)チクゼン

大辞林 第三版の解説

ちくぜん【筑前】

旧国名の一。福岡県の北部・西部に相当。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちくぜん【筑前】

西海道一一か国の一つ。文武天皇二年(六九八)筑紫国から分かれて一国となる。古代からの大陸文化流入の地で、国防上の要地でもあるため、西海道諸国を管轄する大宰府が置かれた。鎌倉初期に守護武藤氏が大宰少弐となり、鎌倉後期には大宰府に代わる鎮西探題が置かれて北条氏の支配となる。室町時代は大内・大友氏が支配、江戸時代は福岡・秋月の二藩が置かれた。明治四年(一八七一)の廃藩置県後、黒田・秋月の二県となり、同年合併して福岡県の一部となる。筑紫前(つくしのみちのくち)
※続日本紀‐文武二年(698)三月己巳「詔。筑前国宗形。出雲国意宇二郡司。並聴任三等已上親

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筑前の関連情報