箸向かふ(読み)ハシムカウ

デジタル大辞泉の解説

はし‐むかう〔‐むかふ〕【箸向かふ】

[枕]2本の箸のように兄弟が相対するところから、「弟(おと)」にかかる。
「―弟(おと)の命(みこと)は」〈・一八〇四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はしむかう【箸向かふ】

( 枕詞 )
古代の箸は折り箸で、向き合う意から、「弟おと」にかかる。 「父母が成しのまにまに-弟の命みことは/万葉集 1804

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android