兄弟(読み)キョウダイ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐だい〔キヤウ‐〕【兄弟】

片親または両親を同じくする男の子供たち。兄と弟。また、その間柄。けいてい。
男女の別なく、片親または両親を同じくする子供たち。また、その間柄。兄弟姉妹。「姉二人、兄二人の五人兄弟の末っ子」「兄弟げんか」
養子縁組みなどにより親を同じくする間柄になった者。また、自分の兄弟姉妹の配偶者または自分の配偶者の兄弟姉妹。義理の兄弟。
親しい男性どうしが、くだけた場面で用いる呼び名。「おい兄弟、ひとつ頼むよ」
兄弟分(ぶん)」に同じ。
[補説]23は「兄妹」「姉弟」「姉妹」とも書く。
書名別項。→兄弟

けい‐てい【兄弟】

兄と弟。きょうだい。

きょうだい【兄弟】[書名]

なかにし礼による自伝的小説。平成9年(1997)「オール読物」誌に連載。単行本は翌年刊行され、第119回直木賞の候補作にもなった。平成11年(1999)ドラマ化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あに‐おとと【兄弟】

〘名〙 (「おとと」は「おとうと(弟)」の変化した語) 兄と弟。はらから。きょうだい。
伊勢物語(10C前)六六「あにおとと、友達ひきゐて、難波の方に行きけり」

きょう‐だい キャウ‥【兄弟】

〘名〙
① 兄と弟。また、その関係。けいてい。きょうてい。
※続日本紀‐神亀四年(727)一二月丁丑「冝市往氏、賜岡連姓、伝其兄弟」 〔書経‐君陳〕
② 同じ父母から生まれた子どもたちを、男女の別に関係なくいう。また、その子どもたち同士の関係をもいう。兄弟姉妹。
※謡曲・玉井(1516頃)「豊玉姫御兄弟は御出でなされ」
※人情本・英対暖語(1838)五「実の姉妹(ケウダイ)よりも睦ましく」
③ 片親を同じくする人。また、自分の兄弟姉妹の配偶者または自分の配偶者の兄弟姉妹。義兄弟
※百座法談(1110)三月二七日「われら皆兄弟として各あひたのまむとて」
⑤ 男同士の、特に親しく気安い間柄で用いる呼び名。
※ぎやどぺかどる(1599)上「如何に兄弟、御作の物の喚はる声皆以てかくのごとし」
[語誌](1)「日葡辞書」には、「兄弟」の読みを示す語が三語上がっている。「キャウダイ」は呉音読み、「ケイテイ」は漢音読み、「キャウテイ」は呉音に漢音を添えた読みである。「ケイテイ」「キャウテイ」には文書語の注記がある。「キャウダイ」は出自は漢語であるにもかかわらず古くから使用されていたことにより、身近な日本語として浸透していたようである。中世の古辞書類には「キャウダイ」しか登載されていず「キャウテイ」は中世に一時的にみられる読みと思われる。
(2)「姉と妹」を示す「姉妹」も同様に中国語から日本語に入ってきたが、日本においては男女によって特に区別することはなかった。そのために、兄と弟に限らず、姉と妹であろうが、姉と弟、兄と妹の場合でもキョウダイが使用されてきた。また、兄と弟を特にオトコキョウダイと言ったり、姉と妹をオンナキョウダイと言ったりすることがあるように、キョウダイは兄弟・姉妹の上位概念として使用されている。

きょう‐てい キャウ‥【兄弟】

※相良家文書‐一・建長四年(1252)三月二五日・相良頼氏、同頼貞、同頼俊連署去状案「よてきゃうていおのおのかはんかくのごとし」

けい‐てい【兄弟】

〘名〙 (「けい」「てい」は、それぞれ「兄」「弟」の漢音) 兄弟(きょうだい)をいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
仮名草子・尤双紙(1632)上「大切成物のしなじな〈略〉師弟、親子(しんし)、兄弟(ケイテイ)、夫婦の中」

ひん‐でい【兄弟】

〘名〙 (「ひん」「でい」はそれぞれ「兄」「弟」の唐宋音) 禅宗で、法の兄弟、兄弟弟子の意。
※正法眼蔵(1231‐53)十方「先師これを泥弾子として兄弟を打著す」
※温故知新書(1484)「兄弟 ヒンテイ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兄弟の関連情報