コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米州自由貿易地域 べいしゅうじゆうぼうえきちいきFree‐Trade Area of The Americas

知恵蔵の解説

米州自由貿易地域

南北アメリカ全域にまたがる自由貿易地域。1994年にキューバを除く米州34カ国の首脳が集まりマイアミで開催された第1回米州サミットのさい、クリントン米大統領が提唱した。実現すれば総人口約8億、経済規模13兆ドル、推定貿易額3兆ドルの世界最大の自由貿易圏となる。90年にブッシュ(父)米大統領が「北はアラスカから南はフエゴ島まで」と提唱した米州活性化構想(EAI)が元にある。2001年の第3回米州サミットで、05年までに設立交渉を完了する方針を確認した。欧州や日本に対抗し西半球を網羅する経済ブロックの形成を狙ったものだ。その先鞭としてNAFTAが発足し、04年にはCAFTAも調印された。さらに米国はチリやコロンビア、ペルーと2国間の自由貿易協定の締結を進めた。しかし、ブラジルを中心とした南米諸国は米国主導の経済統合に反発し、メルコスール南米国家共同体の形で南米独自の経済圏の創設に向かっている。このため、05年交渉完了の計画は頓挫した。

(伊藤千尋 朝日新聞記者 / 2007年)

米州自由貿易地域

NAFTAの自由貿易圏を南米、カリブ海諸国(キューバを除く)にまで拡大させる構想。起源は1990年に米国が中南米支援策として自由貿易地域を提唱したことにある。2001年4月にカナダのケベックで開かれた米州サミットで、05年末までにFTAAを創設することに合意した。実現すれば加盟34カ国、人口が8億人、GDPで12兆ドルという規模に達する。しかし、WTO(世界貿易機関)の多角主義と対立しかねない点に根強い懸念がある。ブッシュ大統領は、02年8月に一括交渉権限(ファストトラック)法が議会を通過したことで、FTAAの早期実現に意欲的であったが、アルゼンチンの経済危機が周辺諸国に波及したことにより、ブラジルはメルコスールを拠点として南米に独自の貿易圏を優先させる方針をとった。予定された発効期限は実現せず06年8月現在、交渉は中断している。

(石見徹 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米州自由貿易地域

(FTAA)と〈メルコスル〉(南米南部共同市場)FTAAは94年の第1回米州サミットで提唱された。実現すれば総人口8億5千万という世界最大規模の自由貿易圏。05年末までにスタートする計画だったが、05年11月の米州サミットでブラジルやベネズエラなどが反対し、交渉は頓挫している。メルコスルは95年発足。アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ、ウルグアイの4カ国に加え、ベネズエラが今年7月に正式加盟した。欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA)を交渉中で、中韓などとのFTAも検討している。

(2006-10-31 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

米州自由貿易地域の関連キーワードベネズエラ・チャベス政権勢いを増す南米の左派政権アメリカ自由貿易圏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android