コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟特 ぞくとく

大辞林 第三版の解説

ぞくとく【粟特】

ソグディアナの中国名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粟特
ぞくとく

ソグディアナ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の粟特の言及

【ソグディアナ】より

…イラン系ソグド人の住地。古代ペルシア碑文やアベスターでスグダSugudaと呼ばれたこの地は,ギリシア人にも知られ,また中国の史書には〈粟戈〉〈粟特〉などと記された。古来オアシス灌漑農耕による米麦などの穀物をはじめブドウなどの果物まで,豊かな農産物で有名であり,これを背景としたサマルカンドやブハラなどいくつかの都市が繁栄して東西の交通・貿易の中心となり,とくにサマルカンドは製紙法の伝播の歴史において,重要な位置をしめた。…

※「粟特」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

粟特の関連キーワードサマルカンド

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android