コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

系図立て ケイズダテ

デジタル大辞泉の解説

けいず‐だて〔ケイヅ‐〕【系図立て】

何かにつけて自分の系図を自慢すること。また、その人。
「其の時々の身の程しらぬ無用の本多が―」〈浄・会稽山

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

系図立ての関連キーワード身の程

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android