コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自分 ジブン

デジタル大辞泉の解説

じ‐ぶん【自分】

[代]
反射代名詞。その人自身。おのれ。「自分を省みる」「自分の出る幕はない」「君は自分でそう言った」
一人称人代名詞。われ。わたくし。「自分がうかがいます」
[補説]江戸時代、「御自分」の形で二人称の人代名詞としても用いられた。現代では「自分、昼飯すませたか」のように、大阪方言の会話で、自分と同等の者に対する親しみを表す二人称として用いられることがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じぶん【自分】

( 代 )
反照代名詞。話し手・聞き手・第三者のいずれにも用いる。その人自身。 「 -で行くしかないと思った」 「 -のことは-でやれ」
一人称。多く男性が改まったときに用いる。わたくし。 「 -の責任であります」 「 -は何も知りません」 〔関西を中心に二人称で使われることがある。「-が言うたやないか」〕
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

自分の関連キーワード人我に辛ければ我また人に辛し鶯の卵の中の時鳥自ら墓穴を掘る気で気を病む自分ながら反照代名詞セルフケア傍系姻族自分探し独り占い自縄自縛署名捺印自己批判自己嫌悪自己欺瞞自己満足自分自身自画像我が家身近い

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自分の関連情報