自分(読み)ジブン

デジタル大辞泉の解説

じ‐ぶん【自分】

[代]
反射代名詞。その人自身。おのれ。「自分を省みる」「自分の出る幕はない」「君は自分でそう言った」
一人称人代名詞。われ。わたくし。「自分がうかがいます」
[補説]江戸時代、「御自分」の形で二人称の人代名詞としても用いられた。現代では「自分、昼飯すませたか」のように、大阪方言の会話で、自分と同等の者に対する親しみを表す二人称として用いられることがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じぶん【自分】

( 代 )
反照代名詞。話し手・聞き手・第三者のいずれにも用いる。その人自身。 「 -で行くしかないと思った」 「 -のことは-でやれ」
一人称。多く男性が改まったときに用いる。わたくし。 「 -の責任であります」 「 -は何も知りません」 〔関西を中心に二人称で使われることがある。「-が言うたやないか」〕
[句項目] 自分と 自分ながら

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自分の関連情報