コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素粒子の標準模型(読み)ソリュウシノヒョウジュンモケイ

大辞林 第三版の解説

そりゅうしのひょうじゅんもけい【素粒子の標準模型】

電弱理論・量子色力学をあわせた理論で、六種のクオーク・レプトン、光子・ウイークボソン・グルオンのゲージ粒子と、ウイークボソンに質量を与える役割のヒッグス粒子からなり、実験的に矛盾する現象は現在のところない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報