コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準模型 ひょうじゅんもけい standard model

3件 の用語解説(標準模型の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

標準模型

標準理論」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひょうじゅん‐もけい〔ヘウジユン‐〕【標準模型】

素粒子間にはたらく三つの力(強い相互作用弱い相互作用電磁相互作用)をゲージ不変性に基づいて記述する理論。具体的には量子色力学ワインバーグサラム理論に加え、クオークが3世代(6種類)以上必要であることを示した小林益川理論組み合わせたものであり、理論と実験結果が極めて高い精度で一致することが確かめられている。標準理論。標準モデル素粒子の標準模型

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

標準模型【ひょうじゅんもけい】

1972年,小林誠と益川敏英によって提出された,CP対称性の破れを説明する模型。小林と益川は,CP対称性の破れが起こるためには6種類のクォークがなければならないことを証明した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

標準模型の関連キーワード高エネルギー物理学素粒子物理学南部陽一郎非加速器素粒子物理学原子物理学量子物理学ウィーノゲージーノスタウスミューオン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

標準模型の関連情報