標準模型(読み)ひょうじゅんもけい(英語表記)standard model

知恵蔵の解説

標準模型

標準理論」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひょうじゅん‐もけい〔ヘウジユン‐〕【標準模型】

素粒子間にはたらく三つの力(強い相互作用弱い相互作用電磁相互作用)をゲージ不変性に基づいて記述する理論。具体的には量子色力学ワインバーグサラム理論に加え、クオークが3世代(6種類)以上必要であることを示した小林益川理論を組み合わせたものであり、理論と実験結果が極めて高い精度で一致することが確かめられている。標準理論。標準モデル素粒子の標準模型

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

標準模型【ひょうじゅんもけい】

1972年,小林誠と益川敏英によって提出された,CP対称性の破れを説明する模型。小林と益川は,CP対称性の破れが起こるためには6種類のクォークがなければならないことを証明した。この論文が発表されたときには,アップ,ダウン,ストレンジの3種類のクォークしか発見されていなかったが,その後チャームクォークとボトムクォークの2種類が発見され,さらに6番目のトップクォークも1994年に確認され,標準模型はその妥当性に大きな支持を得たことになる。→Bファクトリー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android