紫檀楼古木(したんろうふるき)

デジタル大辞泉プラスの解説

紫檀楼古木(したんろうふるき)

古典落語の演目のひとつ。狂歌ばなし。六代目三遊亭圓生、八代目林家正蔵、六代目春風亭柳橋などが演じた。「紫檀楼」「古木」「狂家羅宇(らお)屋」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android