古木(読み)こぼく

精選版 日本国語大辞典「古木」の解説

こ‐ぼく【古木】

〘名〙
① 年を経た樹木老木
※凌雲集(814)奉和傷右衛大将軍故宿禰御製〈小野岑守〉「滋唯泣早朝露、古空浮薄暮煙」 〔江総‐卞山楚廟詩〕
② 香木の名、分類は羅国(らこく)。香味は苦甘辛。六十一種名香の一つ。佐々木道誉所持という。
※志野宗信筆記(香道秘伝所収)(1501か)「古木(コボク)と号する事、道誉老人作分のよし」
③ (①から転じて) 手足など節くれだって痩(や)せたもの。
浄瑠璃・菅原伝授手習鑑(1746)一「ぐっとふみ出す両足は、顔に似合ぬ古木(コボク)也」

ふる‐き【古木】

〘名〙 多くの年を経た木。老樹。また、一度使用した材木。こぼく。
※五社百首(1190)「鈴鹿川きりの古木のまろ木ばしこれもや琴の音に通ふらん」
※都繁昌記(1837)乞食「敗材(〈注〉フルキ)枯竹を縛し、罩包するに破席を以す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「古木」の解説

ふる‐き【古木】

年を経た木。老樹。こぼく。
一度使って古くなった木材。古材。

こ‐ぼく【古木】

年を経た樹木。老木。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android