コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川ガラシア ほそかわ・がらしあ

朝日日本歴史人物事典の解説

細川ガラシア

没年:慶長5.7.17(1600.8.25)
生年:永禄6(1563)
安土桃山時代のキリシタン。明智光秀の次女,細川忠興の妻,本名玉子。本能寺の変(1582)で忠興は光秀に応ぜず,玉子を味土野(京都府竹野郡弥栄町)の山中に幽閉。2年後忠興の元に帰った。次第にキリシタンに心引かれ忠興の九州出兵中の天正15(1587)年,復活祭の祝日に侍女清原マリアの導きによって受洗,ガラシアは霊名。妻の受洗に忠興は激高,棄教を迫ったが,遂に信仰を黙認した。慶長5(1600)年,忠興が家康に従って上杉征討出陣ののち,石田三成方の人質要求を拒否,家老の小笠原小斎に自らを討たせ細川家の面目を保った。忠興はキリスト教式葬儀を行いその死を悼んだ。<参考文献>H.ホイヴェルス『細川ガラシア夫人』,片岡弥吉『信仰に輝く日本婦人達』

(片岡千鶴子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

細川ガラシアの関連キーワードヴィセンテ洞院亀井 隆一郎細川三斎細川忠利パシオ

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

細川ガラシアの関連情報