コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細胞系

栄養・生化学辞典の解説

細胞系

 細胞系統ともいう.個体の発生過程で最終的にある集団の細胞に分化していく細胞の群.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の細胞系の言及

【培養】より

…52年になると,フランスのウォルフÉ.WolffとアッフェンK.Haffenとは,器官的成長に適した栄養分と半固体の基質からなる器官培養法を開発して,性分化現象,胚器官の分化,癌などの研究に供した。一方では,トリプシンなどのタンパク質分解酵素による細胞解離法の開発(モスコーナA.Moscona,1952)に伴って細胞培養法が確立し,これを利用した哺乳類細胞による継代培養が可能な細胞系cell line,細胞株cell strain,細胞クローンが次々と樹立された。また58年にはF.C.スチュワードがニンジンの形成層から得た1個の培養細胞から完全な個体を再生することに成功した。…

※「細胞系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

細胞系の関連キーワードケーラー(Georges Jean Franz Köhler)ベルゴニエ=トリボンドーの法則in vitro(インビトロ)コーンバーグ(生化学者)エレガンスセンチュウ遺伝子検査ビジネス免疫不全症候群マイクロRNAカラ・アザールニーレンバーグ膵(臓)がん単核食細胞系放射線遺伝学サルストン免疫細胞系細網内皮系アレルギー神経膠腫造血細胞色素沈着

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

細胞系の関連情報