コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絞り値 しぼりち

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

絞り値

レンズの持つ最大の明るさの性能を示す指標。原理的には、焦点距離をレンズの口径で割った数値で、Focal(焦点)のFで表わされる。たとえば、口径と焦点距離が同じで、まったく光を損失しないレンズを仮定すると、F値は1となる。レンズの口径(直径)をルート2分の1倍すると、レンズの面積は半分となり、したがって、明るさも元のレンズの半分となる。このときのF値がルート2、すなわち1.4となり、F値では、値をルート2倍するごとに、元の半分ずつの明るさとなる。標準的なレンズは、おおむね3.5程度のF値を持ち、望遠になればなるほど、F値は低く(大きく)なり、暗くなる。プロが口径の大きな望遠レンズを好むのは、明るさを確保し、データとして色の情報を得るためである。また、ズームレンズの場合は、広角側であろうと望遠側であろうと、口径そのものは変化しないので望遠側は暗くなり、「F3.5-5.6」のように、広角側-望遠側のF値性能が、カタログに記載されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しぼり‐ち【絞り値】

F値」に同じ。エフナンバー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

絞り値の関連キーワードカニンガム(Imogen Cunningham)オート (モードダイヤル)AE (デジタルカメラ)Av (モードダイヤル)Tv (モードダイヤル)M (モードダイヤル)P (モードダイヤル)シャッター速度優先AEパンフォーカス撮影ファインダー倍率マルチプログラムプログラムAEマニュアル絞りガイドナンバーライトバリュー絞り優先AE全自動モード深度優先AE相反則不軌EFレンズ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絞り値の関連情報