絞り値(読み)しぼりち

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

レンズの持つ最大の明るさの性能を示す指標。原理的には、焦点距離をレンズの口径で割った数値で、Focal(焦点)のFで表わされる。たとえば、口径と焦点距離が同じで、まったく光を損失しないレンズを仮定すると、F値は1となる。レンズの口径(直径)をルート2分の1倍すると、レンズの面積は半分となり、したがって、明るさも元のレンズの半分となる。このときのF値がルート2、すなわち1.4となり、F値では、値をルート2倍するごとに、元の半分ずつの明るさとなる。標準的なレンズは、おおむね3.5程度のF値を持ち、望遠になればなるほど、F値は低く(大きく)なり、暗くなる。プロが口径の大きな望遠レンズを好むのは、明るさを確保し、データとして色の情報を得るためである。また、ズームレンズの場合は、広角側であろうと望遠側であろうと、口径そのものは変化しないので望遠側は暗くなり、「F3.5-5.6」のように、広角側-望遠側のF値性能が、カタログに記載されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android