コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網衣 アミギヌ

2件 の用語解説(網衣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あみ‐ぎぬ【網衣】

網のように目の粗い布で作った衣服。僧尼の衣服や経帷子(きょうかたびら)にする。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の網衣の言及

【阿弥衣】より

…麻やイラクサの繊維で俵を編むようにして作った時宗(じしゆう)の法衣(ほうえ)の一つ。〈あみえ〉とも呼び,また網衣,編衣とも書く。網がどんな魚介をも選ばずにすくい取るように,阿弥陀仏も信じれば善悪同様に救済する絶大な力をもつことをたとえて,網衣を阿弥衣とした。…

※「網衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone