コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網衣 アミギヌ

大辞林 第三版の解説

あみぎぬ【網衣】

網のように粗く織った布で作った衣服。経帷子きようかたびらなどに用いる。
時宗の僧の着た目の粗い法衣。衆生しゆじようを救う網の意からとも、また阿弥の着る法衣の意からともいう。阿弥衣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の網衣の言及

【阿弥衣】より

…麻やイラクサの繊維で俵を編むようにして作った時宗(じしゆう)の法衣(ほうえ)の一つ。〈あみえ〉とも呼び,また網衣,編衣とも書く。網がどんな魚介をも選ばずにすくい取るように,阿弥陀仏も信じれば善悪同様に救済する絶大な力をもつことをたとえて,網衣を阿弥衣とした。…

※「網衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

網衣の関連キーワード阿弥衣時宗阿弥

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android