コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿繰り ワタクリ

デジタル大辞泉の解説

わた‐くり【綿繰り】

実綿(みわた)を綿繰り車にかけて、綿花から種子を取り除くこと。また、それをする人。 秋》
綿繰り車」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わたくり【綿繰り】

綿花を綿繰り車にかけて種子を除き去ること。
「綿繰り車」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の綿繰りの言及

【綿繰器(綿繰機)】より

…コットンジンともいう。摘み取ってきた実綿(みわた)から種子を除くことを綿繰りというが,綿の繊維は種子の表皮に生えていて,手で引き離すにはたいへん手間がかかる。在来の綿繰器は,1対の木製のローラーが近接して枠にはめられていて,一方のローラーに付いているハンドルを回すと,ローラーの端に刻まれたらせん状の歯車により,他方のローラーが反対方向に回転するようになっている。…

※「綿繰り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

綿繰りの関連キーワードホイットニー(Eli Whitney)ラヒームヤルカーンラーンガーマーティボボディウラッソ綿繰器(綿繰機)イエメン共和国繰り綿・繰綿南アルプス市ホイットニー河村 秀行オショグボ河村秀行ロコジャリンター真崎照郷ザリアグザウ繰る種綿繰綿