コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繊維素原 せんいそげん

2件 の用語解説(繊維素原の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

せんいそげん【繊維素原】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の繊維素原の言及

【フィブリノーゲン】より

血液凝固の際の主要な因子。血漿(けつしよう)中に0.2~0.4%含まれている糖タンパク質で,繊維素原とも呼ばれる。分子量は約34万で,α,β,γ鎖と呼ばれる3種のポリペプチド鎖おのおの2本ずつから成っている。…

※「繊維素原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

繊維素原の関連キーワード血清血餅トロンビンフィブリノーゲンフィブリンフィブリノゲン製剤線溶無フィブリノーゲン血無フィブリノーゲン血症フィブリノゲンとクリスマシン