義を見てせざるは勇無きなり(読み)ギヲミテセザルハユウナキナリ

  • を 見(み)てせざるは勇(ゆう・いさみ)無(な)きなり
  • 義(ぎ)を見(み)てせざるは勇(ゆう)無(な)きなり

大辞林 第三版の解説

論語 為政
人として当然行うべきことと知りながら、それを実行しないのは勇気がないからである。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

正義は人の行なうべきものであるが、これを知りながら実行しないのは勇気がないからである。
※太平記(14C後)四「見義不為無(ぎヲみテセざルハイサミなシ)。いざや臨幸の路次に参り会、君を奪取奉て大軍を起し」 〔論語‐為政〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

人として当然行うべき正義と知りながら実行しないのは、気がないからである。

[使用例] そりぁね、男の世界はまた違ったものさ。を見てせざるは勇なきなり。常日頃倹約も、あのような慈善に備えて[太宰治*新釈諸国噺|1945]

[解説] 「論語―為政」にあることば。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android