コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義良親王 のりよししんのう

世界大百科事典内の義良親王の言及

【後村上天皇】より

…第97代に数えられる天皇。在位1339‐68年。後醍醐天皇の第8皇子。名は初め憲良,のち義良。母は新待賢門院阿野廉子。父天皇の天下一統の戦いに参加し,はじめ北畠顕家とともに東北経営に従い,いったん吉野に戻り,38年(延元3∥暦応1)再び東国に向かう途中,暴風で帰還,まもなく父天皇のあとをうけて践祚した。以後,吉野や金剛寺,河内東条にあって京都回復,天下一統のための戦いに終始した。《新葉和歌集》に御製十数首がある。…

※「義良親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

義良親王の関連キーワード後醍醐天皇後村上天皇霊山(山)結城親朝足利尊氏建武新政北畠顕信阿野廉子伊達行朝結城神社霊山神社結城宗広北畠顕家北畠親房葛西清貞岩切城霊山城霊山大湊

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android