コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後村上天皇 ごむらかみてんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後村上天皇
ごむらかみてんのう

[生]嘉暦3(1328).京都
[没]正平23=応安1(1368).3.11. 摂津,住吉
第 97代の天皇 (在位 1339~68) 。南朝第2代の天皇。名は義良 (のりなが) 。後醍醐天皇の皇子。母は新待賢門院藤原廉子 (阿野公廉の娘) 。元弘3=正慶2 (33) 年北畠顕家と陸奥におもむき建武中興政府の東北鎮護にあたった。建武2 (35) 年足利尊氏追討のため上洛,再び顕家とともに東下,陸奥太守となった。延元2=建武4 (37) 年顕家と西上,各地に転戦した。延元4=暦応2 (39) 年後醍醐天皇のあとをうけ践祚,吉野を皇居としたが,正平3=貞和4 (48) 年高師直の攻撃で賀名生 (あのう) に移った。正平7=文和1 (52) 年尊氏の帰順で一時入京したが,まもなく尊氏の叛により賀名生に帰り,その後摂津住吉に移った。京都を回復してもすぐ奪回されて京都に還幸することができず,苦難の多い悲劇的な生涯であった。御製の一部は『新葉和歌集』に収められている。陵墓は大阪府河内長野市の檜尾陵。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごむらかみ‐てんのう〔‐テンワウ〕【後村上天皇】

[1328~1368]第97代天皇。在位、1339~1368。後醍醐天皇皇子。名は義良(のりなが)。吉野で即位後、足利勢の攻撃に伴って転々行宮を移動し、摂津住吉で没。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

後村上天皇【ごむらかみてんのう】

在位1339年−1368年。後醍醐(ごだいご)天皇の第8皇子。母は新待賢門(しんたいけんもん)院阿野廉子(あのれんし)。名は義良(のりよし)。北畠顕家らとともに奥州統治につとめた。
→関連項目観応の擾乱光厳天皇後亀山天皇長慶天皇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後村上天皇 ごむらかみてんのう

1328-1368 南北朝時代,第97代(南朝第2代)天皇。在位1339-68。
嘉暦(かりゃく)3年生まれ。後醍醐(ごだいご)天皇の第7(または第8)皇子。母は阿野廉子(新待賢門院)。父のあと12歳で即位。父の遺志をつぎ,南朝の京都回復をはかる。正平(しょうへい)一統で北朝の天皇,皇太子が廃され,京都帰還がなるかとおもわれたが,後光厳(ごこうごん)天皇をたてた足利義詮(よしあきら)に念願をはばまれた。応安元=正平23年3月11日死去。41歳。墓所は檜尾陵(ひのおのみささぎ)(大阪府河内長野市)。諱(いみな)は義良(のりなが)((のりよし)),憲良(のりなが)((のりよし))。別名に吉野殿,賀名生(あのう)殿。歌集に「年中行事御百首」。
【格言など】夏草のしげみがしたの埋(むも)れ水ありとしらせて行く蛍かな(「新葉和歌集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

後村上天皇

没年:応安1/正平23.3.11(1368.3.29)
生年:嘉暦3(1328)
南朝第2代の天皇。父は後醍醐天皇,母は阿野廉子(新待賢門院)。初め憲良と名乗り,のち義良と改める。「のりなが」ともいう。後醍醐天皇による建武新政(1333)が開始されると,陸奥の経営に当たる陸奥守北畠顕家と共に陸奥に赴いた。建武2(1335)年,足利尊氏の離反によって,義良親王は顕家とその父親房らと西上,父のいる比叡山に入り,同地で元服する。翌年3月,陸奥太守に任じられ再び陸奥の多賀国府(宮城県)に下向。常陸(茨城県),下野(栃木県)での戦況悪化で,建武4/延元2(1337)年8月,西上の途についた。前年暮れ吉野に遷幸していた父のもとに入る。新田義貞,顕家らを失った南朝において形勢を一変しようと,暦応1/延元3(1338)年,弟の宗良親王,親房,結城宗広らと共に伊勢国(三重県)大湊を出帆,三たび陸奥に向かった。しかし船団は途中嵐に遭い,義良親王の乗った船は吹き戻されて伊勢に上陸し,親房らの船は常陸国東条浦に着岸した。 吉野に戻った義良親王は皇太子となり,翌年8月15日,父天皇から譲位され践祚した。貞和4/正平3(1348)年1月,足利方の高師直の軍によって吉野行宮が焼き払われ,天皇は紀伊から大和(奈良県)賀名生に逃れた。一方,足利方では尊氏と弟の直義との対立が激しくなり,直義,次いで尊氏が南朝に一時降伏(和睦),これによって観応2/正平6(1351)年,北朝の崇光天皇は廃位された。翌年2月,京都への帰還のため天皇は賀名生から河内(大阪府),そして男山八幡(京都府)まで進んだが,足利方(尊氏の子・義詮)は南朝に反して攻撃を開始した。幕府軍の総攻撃で,天皇は賀名生に逃れ,ついに京都を保つことはできなかった。その後,河内矢野の金剛寺,観心寺に行宮を移し,住吉で崩じた。観心寺の後山に葬られ檜尾陵と称される。父の遺志を継承しようとした生涯であったが,それを果たすことはできなかった。戦乱のなかではあったが,和歌,音楽への造詣も深く,書にもすぐれていた。

(小森正明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごむらかみてんのう【後村上天皇】

1328‐68(嘉暦3‐正平23∥応安1)
第97代に数えられる天皇。在位1339‐68年。後醍醐天皇の第8皇子。名は初め憲良,のち義良。母は新待賢門院阿野廉子。父天皇の天下一統の戦いに参加し,はじめ北畠顕家とともに東北経営に従い,いったん吉野に戻り,38年(延元3∥暦応1)再び東国に向かう途中,暴風で帰還,まもなく父天皇のあとをうけて践祚した。以後,吉野や金剛寺,河内東条にあって京都回復,天下一統のための戦いに終始した。《新葉和歌集》に御製十数首がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごむらかみてんのう【後村上天皇】

1328~1368) 第九七代天皇(在位1339~1368)。名は義良のりよし。後醍醐ごだいご天皇の第七皇子。建武政権下に北畠顕家とともに陸奥に赴き、東北地方を鎮定。即位後は吉野を皇居とし、京都回復を図ったがならず、賀名生あのう・河内・住吉などに転住した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後村上天皇
ごむらかみてんのう
(1328―1368)

南北朝時代初期の(南朝第2代)天皇(在位1339~68)。名は義良(のりよし)(「のりなが」とも読む)。後醍醐(ごだいご)天皇の皇子。母は阿野廉子(あのれんし)(新待賢門院(しんたいけんもんいん))。1333年(元弘3・正慶2)北畠顕家(きたばたけあきいえ)に奉じられて陸奥(むつ)に下向し、奥州将軍府によって東北地方を統治した。35年(建武2)、37年(延元2・建武4)の二度にわたって、建武(けんむ)新政に反旗を翻した足利尊氏(あしかがたかうじ)追討のため上洛(じょうらく)、激戦ののち吉野に入り、三たび東国に下ろうとしたが果たせず、39年(延元4・暦応2)吉野で即位。48年(正平3・貞和4)賀名生(あのう)に逃れ、その後も各地で転戦したが、ついに京都に戻ることなく、正平(しょうへい)23年3月11日摂津国住吉の行宮(あんぐう)で没した。陵墓は大阪府河内(かわち)長野市観心寺後山の檜尾(ひのお)陵。[黒田弘子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の後村上天皇の言及

【住吉行宮】より

…南北朝時代,南朝の後村上,長慶両天皇の行宮。正平一統(しようへいいつとう)のあと,後村上天皇は1352年(正平7∥文和1)2月26日賀名生(あのう)を出発,河内東条を経て2月28日摂津住吉に到着,住吉大社の神主津守(つもり)国夏の住江(すみのえ)殿を行宮と定め,半月ほど滞在した。このあと天皇は八幡(やわた)(山城男山(おとこやま)行宮)まで進出したが,5月敗退して賀名生に帰った。…

※「後村上天皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

後村上天皇の関連キーワード弁内侍(2)神皇正統記後光厳天皇惟成親王四条隆資九条朝光師成親王津守国夏藤原康長東北地方藤原実世良成親王土岐康貞泰成親王北畠准后嘉喜門院前賢故実住吉行宮堀信増朝用分

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android