肛門管(読み)こうもんかん

デジタル大辞泉の解説

こうもん‐かん〔カウモンクワン〕【×肛門管】

直腸肛門を結ぶ管。肛門を締めたときに締まる部分で、長さは約3~4センチメートル。恥骨直腸筋が直に付着する部分(肛門直腸輪)から肛門の出口(肛門縁)までをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の肛門管の言及

【肛門癌】より

直腸癌のうち,肛門管の領域にできた悪性腫瘍をいい,全直腸癌の2~3%の頻度でみられる。肛門管とは,下方は会陰部の毛の生え際に一致する肛門下縁から,上方は肛門粘膜が直腸粘膜に移行するところまでの長さ平均約3cmの部分をいう。…

※「肛門管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android